こんにちは。

ケイツ社労士事務所の倉橋です。

令和元年11月29日、厚生労働省から発表があり、労働基準監督署への報告書類(安全衛生関係)は、
令和元年12月2日からインターネット上で作成できるようになりました。

厚生労働省は、「労働安全衛生法関係の届出・申請等帳票印刷に係る入力支援サービス」を、
令和元年12月2日から開始するとのことです。

本サービスは、事業者が労働安全衛生法関係の届出・申請等の帳票を作成・印刷する際に、

(1)誤入力・未入力に対するエラーメッセージの表示

(2)書類の添付漏れに対する注意喚起

(3)過去の保存データを用いた入力の簡素化等を行うもので、

事業者(帳票作成者)の利便性の向上を図ることなどを目的として開発したウェブサービスです。

対象とする帳票は下記のとおりで事前申請や登録は不要となります。

【対象となる帳票】

1.総括安全衛生管理者・安全管理者・衛生管理者・産業医選任報告

2.定期健康診断結果報告書

3.心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書

4.労働者死傷病報告(休業4日以上)

特に、従業員50人以上の場合は、2.定期健康診断結果報告書は気になるところです。

今回のサービスを、利便性向上に役立てて頂ければと思います。

詳細は、下記URLをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_08054.html

おすすめの記事