手伝いをお願いしたスタッフに
午前中に業務をお願いする。

私が期待していたよりも
思ったよりスキルはなく、
正直な話、少しがっかりした。

この感覚が、普通の経営者が持つ
意識なのかもしれない。

しかし、質に不満があるならば、
育成すればよいだろう。

期待し過ぎはいけないと戒める。

某弁護士の言葉を借りるならば
「買ったリンゴが、あまりよくないならば
ジャムにするなり、アップルパイにするなり
何らかの工夫をこらす」ことが必要なのだ。

誤解ないように申し上げるが、
決して差別意識があるわけでも、
軽んじているわけではない。

午後、弁護士の先生と
ビデオ会議システムにて
オンラインミーティング。

この仕事をしていると、士業の先生方と
お付き合いをするケースはとても多く、
特に、弁護士の先生の知り合いは多くなった
ように思う。

しかしながら、労働問題を
専門にする弁護士の先生、
特に使用者側を主に扱う先生は
相変わらず少ないように思う。

単純に私の認識違いなのかもしれない。

明日は、夕方に動画撮影の予定。

おすすめの記事