代表挨拶

「あと3人欲しいんだけどさ、求人広告にカネかけて
人がくればいいんだけれどね・・・」

そうボヤく社長の言葉を、今でも覚えています。

心の内では

「嫌になっちゃったよ、俺。
もう疲れたよ。助けてよ」


とおっしゃっていたのだと思います。

その社長は、ほどなくして会社をたたみました。
3年前の話です。

「自分に出来ることは、やったじゃないか・・・」

私は、自らにそう言い聞かせました。

しかし、一方で

「人の専門家として、力を尽くしたのだろうか」

と心のどこかに後ろめたさもありました。

この事件を思い出すとき、創業期のことを思い出します。

ある卸売業で麺類を販売している会社から
就業規則を作り直したいというお話を頂きました。

創業は何と明治時代。
130年余り続く伝統ある企業です。

当時は、まだまだ駆け出しだった私。

従業員の皆さんに向けて説明会も開催したりと
精一杯やらさせて頂きました。

しかし・・・

ほどなくしてその会社が倒産することを知りました。

負債額は、2億。自己破産の道をたどりました。

「いったい何が起きたのだろう」

「何故相談してくださらなかったのだろう」

そして何より

「私ができることは、もう本当になかったのか?」

あのような苦い想いはしたくない。
心の底からそう感じました。

あれから3年。

弊所も事務員を採用するようになり、
活躍してくれています。

人の専門家として、採用でお困りであれば、
それを何とか改善する
一手をひねり出そう。全力で模索しよう。

同時に、法律実務家としてお客様のお困りごとを
全力で解決する体制を築いていこう

そう決意しました。

少子高齢化の時代です。

今後も、中小企業において人手不足は
相当深刻な経営課題となるでしょう。

ですが、会社はどのような外部環境の変化があっても
生き続けなければなりません。

私どもは「人材が集まる会社」を支援する
専門家集団として、これからも力を尽くしてまいります。

当事務所の経営理念

知的付加価値産業として、 この世界に、労使が調和する力強く幸せな会社を ひとつでも増やす。

  • 私たちは、未来を夢見る人と企業を支え、心豊かな社会を実現します。
  • 私たちは、自然と笑顔をなれる、支え合える会社を作ります。
  • 私たちは、人づくりの大切さを伝え続け、街を明るくします。